競馬PRESSBACK NUMBER

今週も大荒れ万馬券の予感が漂う?
名物1000m直線重賞アイビスSD展望。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2020/07/24 11:40

今週も大荒れ万馬券の予感が漂う?名物1000m直線重賞アイビスSD展望。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

CBC賞を制したラブカンプーは2018年スプリンターズSの2着好走以降、15度の出走中、13レースが2桁着順だった。

伏兵も虎視眈々と頂点を狙う。

 また、その前走で2着だったジョーカナチャン(牝5歳、栗東・松下武士厩舎)や、そこでは9着に沈んだものの、昨年のこのレースで2着に好走したカッパツハッチ(牝5歳、美浦・矢野英一厩舎)、前走こそ5着ながら新潟の芝は3戦2勝と得意にしているナランフレグ(牡4歳、美浦・宗像義忠厩舎)など、伏兵陣も虎視眈々と狙っている。

 先週の重賞のような大番狂わせがあるのか――1分に満たず、日本一速い決着となる重賞に刮目したい。

関連記事

BACK 1 2 3
ラブカンプー
ダイメイプリンセス

競馬の前後の記事

ページトップ