棚橋弘至の名言 

今日の名言 

ベストバウトというのは、シチュエーションが作るもの。

棚橋弘至(プロレス)

2020/07/26

新日本プロレスの低迷期を支えた棚橋は、デビューから20年以上を経て数々の名勝負を繰り広げてきた。その一方で、自身の「ベストバウト」について問われると「この二人はどうして闘うのか。どうして勝たなければいけないのか。あらゆる必須条件が揃ってこそのベストバウト。偶発的には生まれないと思います」と、しっかりとした定義を答えている。ちなみに棚橋にとってのベストバウトは、2006年7月のIWGPへビー級王座初獲得時、そして5年後の王座防衛戦となったジャイアント・バーナード戦。2006年の試合後には「みなさん、愛してます!」の名言が生まれた瞬間でもあった。

Number1006号(2020/07/02)

<プロレス名勝負秘話>ベストバウトをぶっ飛ばせ!
人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ