JリーグPRESSBACK NUMBER

高木琢也の堅実と永井秀樹の理想。
J2大宮vs.東京Vでの正反対な数字。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/07/15 08:00

高木琢也の堅実と永井秀樹の理想。J2大宮vs.東京Vでの正反対な数字。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

開幕4連勝を飾った大宮アルディージャ。先日の東京V戦はボール支配率を下回りながらも勝利した。

永井ヴェルディの理想と現実。

 さて、東京Vにとっては難しいシーズンとなりそうだ。

 看板通りの全員攻撃を見せているが、4試合でわずか2ゴール。初勝利も遠い。

 ボール支配率が結果につながらないのは、ボールを持って攻めているようで、実際はボールを持たされ、攻めさせられているからだ。

 大宮がそうだったように、東京Vはいつも自陣を固める相手と戦わなければならない。

 J1に比べて技術レベルが落ちるJ2では、しっかり守ってカウンターを狙うチームが少なくないからだ。引いて守ることで相手は手数がかかり、自分たちは手数をかけて崩さなくても済む。

 こうなると東京Vは狭いところでテクニックを駆使し、相手1人ひとりの背後を丹念に取っていかなければならない。これは容易なことではない。どこかで引っかかって、カウンターの危機にさらされることになる。

 なりふり構わず勝点を取りに行く多くのチームと違って、東京Vは理想を貪欲に追求する。これがこのチームと永井秀樹監督の価値観。リスクを負って攻め続ける姿勢は痛快だが、攻めれば攻めるほど泥沼にはまるかもしれない。

 ボールを持たずに勝ち続ける大宮は、彼らの目にどのように映るだろう。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2
高木琢也
大宮アルディージャ
永井秀樹
東京ヴェルディ

Jリーグの前後の記事

ページトップ