新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『地味を笑うな』
“地味”を選んだ男が
メジャーでも貫く最高の美学。 

text by

コザック前田

コザック前田Cozzak Maeda

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/07/14 07:30

『地味を笑うな』“地味”を選んだ男がメジャーでも貫く最高の美学。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『地味を笑うな』平野佳寿著 ワニブックス 1400円+税

 Numberの読者に、平野佳寿という選手を知らない人はほぼいないだろう。“地味”と感じることもないのではないか。僕はオリックス・バファローズのファンなので、平野投手といえば2005年のドラフト希望枠での1位指名。1年目から先発ローテーション入りを果たすと、'14年の森脇浩司政権下の投手王国で最終回を任されてセーブ王をもぎ取り、チームを2位まで引き上げた功労者だ。その後のメジャーでの中継ぎとしての活躍は、もう僕が言及する必要もない。そんな人が何故“地味”なのか? そして、ただのオリックスファンのバンドボーカルである四十路の初老になぜ書評の話が来たのか……? 疑問に思ったものの、生まれて初めての書評が平野投手の本。書くプロではない自分だが、光栄に思い書かせていただきます。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 673文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

平野佳寿
オリックス・バファローズ
シアトル・マリナーズ

MLBの前後の記事

ページトップ