月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

「入口より出口が大事」なコロナ禍で
ようやく見えてきた佐々木朗希の姿。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/05/31 08:00

「入口より出口が大事」なコロナ禍でようやく見えてきた佐々木朗希の姿。<Number Web> photograph by Kyodo News

26日に登板したプロ入り後初のシート打撃では左打者3人を相手に11球を投じ、そのうち2球で160kmをマークした。

前のめりだった有藤通世。

 では現実に戻ろう。5月27日の各紙は佐々木朗希を大きく伝えた。

『出た!!朗希160キロ』(日刊スポーツ一面)

 プロ入り後、初のシート打撃に登板して160キロを2度マークしたという。シート打撃登板でこの騒ぎである。だんだん佐々木の姿が「見えてきた」ぞ。

 そんな未知の佐々木に接触してきた記事はいくつかある。なかでも傑作だったのは2月11日にスポニチの一面を飾ったロッテの大物OB有藤通世氏との対談だ。開幕の前に紹介しておこう。有藤氏はいきなりこんな質問をしていた。

「大谷は(日本ハムからエンゼルスへ)24歳で移籍した。何歳で行きたい?」

 いつメジャーに行きたいかという直球。「タイミングがあるならば、年齢問わず行きたいです」と即答する佐々木。

 ゴキゲンな有藤氏はさらに「400勝という数字はどう思う?」と畳みかける。「現実的じゃないかなと感じました」と答える佐々木。すると「そんなことはない。先発ならば1年間で27試合ぐらい投げる。22、23勝したら、10年で230勝だよ」と簡単に言ってしまう有藤氏。

 佐々木を前にすると、大御所おじさんも前のめりになってしまうようだ。

 早くシミュレーションではない佐々木朗希を見てみたい。それはもうすぐ、かもしれない。

 以上、今月のスポーツ新聞時評でした。

関連記事

BACK 1 2 3
岡田彰布
ラモス瑠偉
佐々木朗希
有藤通世
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ