マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフト次第で人生が変わる若者。
大学の推薦は「春」の決断が必要。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2020/05/01 11:40

ドラフト次第で人生が変わる若者。大学の推薦は「春」の決断が必要。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

指名に選手の意志は反映されなくとも、ドラフト会議の主役はやはり選手であるはずだ。

悩んでいる選手たちこそが主役では。

 5月になれば、世界の大勢と我が国の現状に鑑みて、この先半年ぐらいの予定は立てる必要がある。ならば、まず優先して「2020ドラフト」の有無と、実施する場合はその形態を決めて伝えるのが、アマチュア球界に対するプロ側の配慮というものではないか。

 ペナントレース実施の発表を求めている人も、ファン、マスコミ、そして球団と関係者……とたくさんいるだろうが、その陰で、思いを言葉にして発信できないままに、人生の重要な岐路を目前にしながら、何も出来ずに悶々としている「立場の弱い者たち」が少なからずいることに、思いを馳せていただければ。

 たいへんなのは、プロ野球界だけじゃない。プロが苦悩していれば、アマチュア球界もまた、同様に混迷の日々を送っているのだ。

 そしてもっと忘れてはならないのは、今は「無言」の彼らこそが、近未来のプロ野球を背負って立つはずの貴重な人材たち……つまり、ドラフトの「主役」だということである。

関連記事

BACK 1 2 3

プロ野球の前後の記事

ページトップ