Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<真のアスリート第一とは?>
為末大が語る「東京五輪1年延期」

posted2020/04/22 08:00

 
<真のアスリート第一とは?>為末大が語る「東京五輪1年延期」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

夢の祭典開幕へのカウントダウンは「あと122日」でリセットされた。人類への試練ともいえる世界規模の新型コロナウイルスの感染拡大。その中での「もう1年」はアスリートに何をもたらすか。論客2人に話を聞いた。(Number1001号掲載)

 東京五輪の1年延期が発表され、私がまず考えたのがピーキングについてだ。

 陸上競技では、ピーキングをするための準備には3つの“層”がある。1層目は「2勤1休」や「3勤1休」という3、4日の練習と休養のリズムのこと。次の2層目は、2勤1休などで練習を3サイクル行ない、1サイクル休むという約2週間のリズム。そして最後が、1年の中でターゲットレースを決め、大きな波をつくる3層目だ。

 最も延期の影響を受けそうなのが3層目だ。陸上は1年をかけて料理をする作業に例えることができる。秋から食材を揃え始め、11月頃から出汁をとったり、食材を切りそろえたりといった仕込みをして、下ごしらえが終わるのが2月頃。その後は材料を火にかけ、味を調え、五輪や世界陸上のある7月末に最高の料理を出す。

 今年は五輪が1年延期になって料理を出す場がなくなってしまったが、せっかく身体を作ったので100%の力を試したいと考える選手もいるだろう。4月ならシーズン全般の出来がどうなるかが、ある程度見えている時期だ。陸上は「準備の競技」なので、4月なら70~80%、5月になれば92、93%は自分がどれくらいのパフォーマンスを出せるか予想がつく。冬季練習がうまくいって手応えがあるなら、記録会やレースに出たいという思いは一層強いだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3087文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊40周年記念特集>日本サッカー希望の1ゴール
為末大
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ