Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<現役チャンピオン対談>
村田諒太×井上尚弥「世界王者はスタートに過ぎない」

posted2020/04/10 08:00

 
<現役チャンピオン対談>村田諒太×井上尚弥「世界王者はスタートに過ぎない」<Number Web> photograph by Mari Amita

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Mari Amita

名実ともにナンバー1。世界王者が乱立する日本ボクシング界において、この二人が歴史に名を残すチャンピオンであることは論をまたない。だがそんな彼ら自身にとって、真のナンバー1とは何なのだろうか。そして次なるターゲットとは。
最強王者同士がそれぞれの考える頂点、闘う意味を本音で語り合う、夢の対談のゴングが鳴った。(Number1000号掲載)

村田 こうして尚ちゃんと二人で話をすること今までなかったんじゃない? 食事とかしてもいつもだれか他にいる感じで。

井上 そうかもしれないですね。

村田 最初は沖縄インターハイだよね?

井上 そうですね。たぶん初めて話をしたのが夏の沖縄ですね。

村田 僕は大学職員で、高校生のスカウトをしてた。あのときは「すげえ高校生がいる。だれがこいつを止められるんだ」っていうのが大会の話題だったんですよ。それが井上尚弥です。

井上 僕が高校2年生ですね。あのとき村田さんは「でも(4学年上の林田)太郎には勝たれへん」って。初めて話したときにそれを言われて、すっごい印象に残っています。

村田 こいつ、いまだに言うんですよ(笑)。

井上 でも11月の全日本選手権の決勝ではその通り林田さんに負けました。

村田 そうそう。でも準決勝までの試合を見たらインターハイのときとはまったく違っていた。だから数カ月で異常に伸びた男、というのが尚ちゃんの最初の印象です。

――二人とも高校生のときから全国大会で圧倒的な強さを見せて、その世代では抜け出た存在でした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4923文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊1000号記念特集>ナンバー1の条件
村田諒太
井上尚弥

ボクシングの前後の記事

ページトップ