Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<初代編集長が明かす創刊秘話>
「江夏の21球」と起死回生の長嶋茂雄。

posted2020/04/07 08:00

 
<初代編集長が明かす創刊秘話>「江夏の21球」と起死回生の長嶋茂雄。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

text by

岡崎満義

岡崎満義Mitsuyoshi Okazaki

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

1980年、日本初の総合スポーツ誌として誕生したNumber。その第一歩は、2人の野球人の存在なくして語れない。創刊当時の編集長が、1000号に至る道の原点を振り返る。(Number1000号掲載)

「カラーグラビアの総合スポーツ誌を作ってほしい」

 1979年9月、42歳だった私は、こう言われ、新雑誌の編集長を命ぜられた。のちに2代目の編集長となる松尾秀助君が1年間のアメリカ留学から帰国した折、会社の上層部に「今、西海岸で面白いスポーツ雑誌がどんどん出てきている」と報告したことがきっかけだった。

 当初の編集部員は7人。文藝春秋という会社には、それまで活版の雑誌しかなかったから、そもそもグラビア誌を作る経験がなく、随分と苦労した記憶がある。その頃は文藝春秋がスポーツ誌を出す、というだけで大きな話題となり、新聞、テレビから沢山の取材を受けた。私は普段、細かく手帳を付ける方ではないが、この年ばかりは手帳が分厚く膨れ上がった。

 雑誌名は全国から公募し、何万通も送られてきた中でも「ナンバー1」が圧倒的に多かった。しかし、この誌名はすでに一般人によって商標登録されており、皆で知恵を出し合い、「ナンバー」だけをタイトルにすることにした。「1、2、3……」と数字だけが増えていけば面白いだろう。そう考えた。

 写真のコンセプトは、アメリカのスポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」というお手本があった。しかし、日本にはスポーツを報じるメディアは、スポーツ新聞と専門誌しかない時代だったから「総合とは何か」に悩んだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1407文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

江夏豊
長嶋茂雄

プロ野球の前後のコラム

ページトップ