バレーボールPRESSBACK NUMBER

竹下佳江がVリーグ姫路に捧げた4年。
監督と子育ての両立、次の役割は? 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byNoriko Yonemushi

posted2020/04/02 11:40

竹下佳江がVリーグ姫路に捧げた4年。監督と子育ての両立、次の役割は?<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

ヴィクトリーナ姫路での監督業と子育てを両立させていた竹下。「葛藤はあった」と4年間を振り返った。

これからは「つなぎ役になれたら」

 今後は球団副社長という立場で、橋本社長のサポートや、チームがこれまで取り組んできた、女性が活躍できるプロチーム運営の一端を担っていく。

「社長の下で言いたいことを言うと思います(笑)。現場の声も聞いて、現場がやりやすい環境を作るのが一番だと思いますし、選手たちが、この先の人生、どうしていきたいかということをサポートしてあげられるような、つなぎ役になれたらと思います」

 コートサイドに立ち、勝負師の目でコートを見つめる竹下監督の姿を見られなくなるのは残念だが、今後はさらに広い視野で、ヴィクトリーナやバレーボール界に影響を与えていってほしい。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
竹下佳江
ヴィクトリーナ姫路

バレーボールの前後の記事

ページトップ