Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<楽曲に込めた思い>
いきものがかり・水野良樹
「オリンピックという大きな物語に寄り添って」

posted2020/02/21 15:00

 
<楽曲に込めた思い>いきものがかり・水野良樹「オリンピックという大きな物語に寄り添って」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

ロンドン・オリンピックの様々なシーンを思い出すあの名曲はいかにして生まれたのか。そのプロセスから水野のアスリートへの熱い視線が浮かび上がる。(Number997号掲載)

風が吹いている 僕はここで生きていく
晴れわたる空に 誰かが叫んだ
ここに明日はある ここに希望はある

『風が吹いている』(作詞・作曲:水野良樹)

 風が吹いている――。

 いまも耳に残る、NHKのロンドン・オリンピックの放送テーマソング。いきものがかりの代表作の一つでもあるこの曲の作詞・作曲を手掛けたのは、リーダーの水野良樹。東日本大震災の混乱がまだ収束を見せない状況で作り始められたこの曲に込めた思いや、7月に東京にやってくるオリンピックに、どんな期待を持っているのかを聞いてみた。

 アスリートにとって、オリンピックは4年に一度だけの大会。だからこそ、投下する熱量も多いし、いろいろな感情が湧いてきますよね。歓喜。失望。緊張。テレビでは家族の表情が映し出されもします。

 放送テーマソングの依頼を受けて思ったのは、「いろいろな要素を入れていきたいな」ということでした。オリンピック中継の様々なシーンに対応できるよう、静かだったり、厚みがあったり、あるいは観衆の大合唱をイメージできるパートだったり。たくさんの要素を詰め込んでいったら、7分40秒にもなってしまいました(笑)。

 曲作りは、メロディを作ることから始まります。その後に、歌詞です。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1705文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

いきものがかり
水野良樹
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ