濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

デビュー7連勝も悔し涙の負けず嫌い。
新鋭・ぱんちゃん璃奈の可能性は? 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2020/02/14 20:00

デビュー7連勝も悔し涙の負けず嫌い。新鋭・ぱんちゃん璃奈の可能性は?<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

祥子戦直後のぱんちゃん璃奈。ローキックを効果的に使い、離れても、接近戦でも強さを見せた。

プロの戦いの難しさを、どう越えるか?

 2.11大田区大会、プロ7戦目は祥子JSKと対戦した。ぱんちゃんの希望によるリマッチだ。

 昨年8月の初戦もぱんちゃんが判定で勝っているのだが、ジャッジ1人はドローの採点。思うように闘えず、プロの難しさを味わった。

 そんな相手を圧倒し、成長を見せて次のステップに進むことが今回のテーマだった。

キックボクシングは生きている証。

 結果は3-0の判定勝利。

「この半年で一番よくなった技」だというローキックでダメージを与え、前回よりも明確な差をつけた。ただそこからダウン、KOにつなげることができない。倒そうとするあまり、心も体も前のめりになりすぎていた。

「相手の足しか見えなくなっちゃって」とぱんちゃん。

「何度、同じことを繰り返すんですかね。練習でできている動きが試合で出せない。メンタルが弱いのかなぁ。なんなんだろう」

 苦笑しながら涙があふれる。

 師匠である鈴木秀明会長の言葉を借りれば「素人から始めて、まだプロデビュー1年」の選手が7連勝しただけでも立派なことなのだが、本人はとにかく内容が気に入らなかった。

「勝つのは当たり前で、いい勝ち方をしないとトップ選手にはなれない。今でも獲れるベルトがあるかもしれないですが、でも私は圧倒して勝つ選手、相手の心を折るような選手になりたい」

 プロで勝つことが目標ではないのだと、ぱんちゃんははっきり言う。

「理想は自分でも高いと思います。キックの選手になろうと決めた時、家族からは無理だって言われたんです。でも自分だけはトップになると信じてきたので」

 なぜなら、彼女にとってキックボクシングが生きている証だからだ。

「それまでは本当に人生がつまらなくて。キックボクシングに出会って初めて、生きてる感じがしたんです。キックに救われたというか。甘い世界じゃないのは分かっているからこそ、そこでトップになれたら、やっと自分に自信が持てるかなって」

【次ページ】 「運動だけは、どれだけやっても飽きない」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ぱんちゃん璃奈
祥子JSK
小野寺力
新日本プロレス
スターダム

格闘技の前後のコラム

ページトップ