サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ジャマイカ戦の収穫は9-0ではない。
五輪世代の主将・中山雄太が一変。 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/12/29 12:45

ジャマイカ戦の収穫は9-0ではない。五輪世代の主将・中山雄太が一変。<Number Web> photograph by Getty Images

ジャマイカ戦では身振り手振りでチームをけん引した中山雄太。見事なFKも決め、存在感を発揮した。

「こういう習慣がついていけば」

 ジャマイカは決して強くなかった。だが、そんな相手に対してもしっかりと準備を進め、文字通りの完勝を手にできたことに意味がある。今回だけで終わらせるのではなく、次につなげるためにもこの勝利は大きかったと、中山は前を向く。

「今回、僕たちが話してきたことが試合でうまくいかなかったら手応えを得られなかったと思います。ただ、試合前に自分たちが準備してきたことに対して、今回出た結果は次に生かせると思う。どれだけチームの共通意識を深めて準備していくかが、チーム力になっていくと思いますし、どんな選手が選考されても、こういう習慣がついていけば日本代表のオリンピック世代としての積み上げが大きくなっていくのかなと思います」

 まだまだ金メダルへの道は遠い。ただ、喪失感のあったコロンビア戦からしっかりと立ち直った姿は、今回の試合で多くの人々が目撃できたはずだ。

 1つの試合、1つの出来事で大きく成長するのが若い選手の特権でもある。

 1月に行われるU-23アジア選手権タイでは中山の他、海外組のほとんどは不参加となる。リーダー不在の中で誰が、先頭に立ってチームを牽引していくのか。今回の遠征で見られた変化を新たなきっかけとして、今後チームが右肩上がりに成長していくことを期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3
中山雄太
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ