新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『トランスジェンダーの私がボクサーになるまで』
男らしさ、自分らしさって何だ? 性転換ボクサーが考えた答え。 

text by

下山田志帆

下山田志帆Shiho Shimoyamada

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2019/11/26 15:00

『トランスジェンダーの私がボクサーになるまで』男らしさ、自分らしさって何だ? 性転換ボクサーが考えた答え。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『トランスジェンダーの私がボクサーになるまで』トーマス・ページ・マクビー著 小林玲子訳 毎日新聞出版 2000円+税

「ああ、彼と私は同じ立場にありながら、逆の世界を見ていたんだ」

 彼とはこの本の主人公、トーマス。30歳の時に治療を経て、男性となったトランスジェンダーだ。男性の初心者として生きていくなかで、自身に期待される男らしさに対して彼は居心地の悪さを感じていた。

 一方、私、下山田志帆は自分のセクシャリティを表す言葉を持ち合わせていない。ただカッコいい服装が好きで、彼女がいて、泣き虫で。社会の求める女らしさが全くしっくりこなかった。男らしさを探るためにボクシングを始めた彼。女らしさから逃げるためサッカーを始めた私。私と彼をそれぞれ苦しめていたのは逆の世界だったようだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 675文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ボクシング総力特集>KO主義

Sports Graphic Number 990

<ボクシング総力特集>
KO主義

 

関連記事

ボクシングの前後の記事

ページトップ