F1ピットストップBACK NUMBER

セナと本田宗一郎に捧ぐブラジルGP。
歴史的1-2フィニッシュの舞台裏。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/11/19 11:50

セナと本田宗一郎に捧ぐブラジルGP。歴史的1-2フィニッシュの舞台裏。<Number Web> photograph by Getty Images

優勝のフェルスタッペン(左)と2位のガスリー(右)。シーズン途中でトロロッソに「降格」したガスリーにとっても格別の表彰台だった。

残り3周段階ではワン・ツー・スリー!

 彼ら王者が感じたホンダの速さは、間違ってはいなかった。

 レース終盤には優勝したフェルスタッペンだけでなく、チームメートのアレクサンダー・アルボン、そしてホンダとパートナーを組むもうひとつのチームであるトロロッソのピエール・ガスリーも続き、残り3周という段階で、ホンダPUを搭載するマシンがワン・ツー・スリーを独占したのだ。

 結果的には、'88年オーストラリアGP以来のワン・ツー・スリーフィニッシュはならなかったが、フェルスタッペンに続いてガスリーがハミルトンとの激しいバトルを制し2位を獲得。

 '91年日本GP以来28年ぶりとなる、ホンダ勢のワン・ツー・フィニッシュを達成した。

 しかも、ホンダにとってブラジルGPでのワン・ツー・フィニッシュは初めてという快挙だった。

 特別な日に、特別な場所で飾った特別な勝利。

「天国から見ていたセナと本田宗一郎さんに、胸を張れる結果が出せたんじゃないかなと思います」と、田辺は特別な思いで表彰台の下から2人のホンダドライバーが登壇する光景を見ていた。

関連記事

BACK 1 2 3
田辺豊治
マックス・フェルスタッペン
アレクサンダー・アルボン
ピエール・ガスリー
アイルトン・セナ
本田宗一郎

F1の前後の記事

ページトップ