競馬PRESSBACK NUMBER

アーモンドアイの女傑ぶりで思い出す、
ルメールの興味深いウオッカ評。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph byYasuo Itoh/AFLO

posted2019/11/01 18:00

アーモンドアイの女傑ぶりで思い出す、ルメールの興味深いウオッカ評。<Number Web> photograph by Yasuo Itoh/AFLO

アーモンドアイ主戦のルメールは今シーズン、史上最多タイの騎乗機会7連勝を記録するなど絶好調だ。

アーモンドアイはJCか、香港か。

 同馬はデビューから連戦連勝。フランスの桜花賞、オークスにあたるプールデッセデプーリッシュ(GI)、ディアヌ賞(GI)を優勝。最後に怪我をして引退に追い込まれる事になるジャックルマロワ賞(GI)で負けるまで、実に9戦にわたり勝ち続けた。

「初めて乗った時から『GIを5回くらい勝っているのでは?』と感じさせる馬でした。彼女は僕の中で特別な馬でした」

 さて、アーモンドアイとのコンビでは今回の天皇賞(秋)が6回目のGI制覇。この後は昨年も勝利したジャパンCで連覇を狙うか、香港へ遠征してまたも世界にその強さを知らしめるかの二択が当面の目標となるそうだ。

 果たしてルメール騎手にとってアーモンドアイは、ディヴァインプロポーションズをしのぐ思い入れの深い馬となる事が出来るだろうか……。いや、天皇賞後の喜びを爆発させる姿を見ていると、もしかしたらすでにそういう存在になっているのかもしれない。
 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アーモンドアイ
クリストフ・ルメール
ウオッカ

競馬の前後のコラム

ページトップ