Number on NumberBACK NUMBER

球場の動員力アップ。
~1試合平均3万人超えは歴代最高~

posted2019/10/30 07:00

 
球場の動員力アップ。~1試合平均3万人超えは歴代最高~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

ファンサービスも充実。試合後に選手とファンがハイタッチする光景はもはや珍しくなくなってきた。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 プロ野球の観客動員が、試合ごとの平均で3万929人となって、歴代でトップの数字を記録した。観客数が、概数ではなく、いわゆる実数になったのは2005年のことだったが、'05年以来の15年間で、初めて平均で3万人以上を記録したのだ。プロ野球はいま、前例がないほどの観客動員力を持っていると言ってよさそうだ。

 プロ野球の観客数は、東日本大震災のあった'11年の前は、平均で2万5000人台だった。東日本大震災によって、通常の開催ができなくなって観客数は減少したが、'13年から回復してきた。下のデータにまとめたのは最近5年間だが、12球団の平均では毎年、増えてきた。'15年には2万8248人だったのが、'16年に2万9116人、'17年に2万9300人、'18年に2万9779人と増えて、'19年に3万929人となったのだ。日本のプロ野球は、すべてのゲームを本拠地球場で開催しているわけではなく、収容人員が3万人以下の地方球場で開催されているゲームがあることを考えると、平均で3万929人というのは、相当に価値のある数字だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1520文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

プロ野球の前後のコラム

ページトップ