日々是バスケBACK NUMBER

八村塁NBAデビューでダブルダブル!
「ひと言で言うと、彼は勝者だ」

posted2019/10/26 15:00

 
八村塁NBAデビューでダブルダブル!「ひと言で言うと、彼は勝者だ」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

NBAにおいて「ダブルダブル」を日本人として初めてマークした八村塁。開幕戦からチーム内外に強心臓ぶりをアピールした。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

 NBAデビュー戦は、どんな選手にとっても特別な試合だ。ワシントン・ウィザーズのヘッドコーチ、スコット・ブルックスの、選手としてのNBAデビュー戦は今から31年前だったが、それでも当時のことを未だによく覚えているという。

「よく覚えている。前の晩、眠れなかった。ジミー・ライナム(ブルックスが所属していたフィラデルフィア・セブンティシクサーズの当時のヘッドコーチ)が僕をカットしなかった愚かさに驚き、でも、とても嬉しかった。試合ではフィールドゴールは決めなかったけれど、フリースローを4本中3本決めたんだ」

 八村塁は、31年前のブルックスとは違い、前の晩は普通に眠りについたという。デビュー戦の10月23日のダラス・マーベリックス戦でスターターに抜擢されることは前の日からわかっていたが、それも睡眠を妨げることはなかったのだという。それでも、楽しみにしていた気持ちは同じだった。

「僕は(眠れないということは)なかったですね。すごい楽しみにしていて。きょう起きて、すごい楽しみで。こうやって試合に入れて、満員の会場でやれたので、すごいよかったです」と、デビュー戦後に振り返った。

ルーキーらしからぬ落ち着きぶり。

 プロ初得点は試合開始から2分36秒たったところで、あっさりと決めた。ブラッドリー・ビールからのロングパスを受け、ドリブルインしてゴール下シュートを決めた。

「ブラッド(ビール)がいいパスをしてくれたので。ゴールも空いていたので、そこに向けて普通に行きました」と、まるで当たり前のこととばかりに語ったが、実際にはノーマークの簡単なシュートだったわけではなかった。

 ベースラインでボールをキャッチすると、一瞬の隙を突いて素早い動きで身長221cmのクリスタプス・ポルジンギスの前に回り込み、さらにはカバーに出てきた209cmのマキシ・クリーバーをかわしてのシュート。プロ最初のシュートとは思えない、落ち着いたプレーだった。

「ルイは初戦からポルジンギスとのマッチアップで、まさに『NBAへようこそ』といった感じだったね。でも、うまく対応していたと思う」と、ビール。

 ブルックスHCも、「思っていた通りに、とても落ち着いてプレーしていた」と、ルーキーらしからぬ落ち着きを見せていたことを一番にあげた。

【次ページ】 見事にダブルダブルを達成!

1 2 NEXT
八村塁
ワシントン・ウィザーズ
スコット・ブルックス
ブラッドリー・ビール

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ