“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

Jリーグきってのひょうきん者。
大分FW三平和司が見出す「楽しみ」。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/10/22 11:30

Jリーグきってのひょうきん者。大分FW三平和司が見出す「楽しみ」。<Number Web> photograph by Takahito Ando

雨の中、応援に駆けつけた大分サポーターに向けてダンスを届ける三平和司。

今の「1つ先の楽しみ」は?

 試合後のセレブレーションについて、三平は再びこんな話をした。

「俺が何か言えば、みんなが笑ってくれる。みんなの笑顔を見るのは、パワーをもらえるんです」

 彼がとびきりの笑顔と周りを明るくするアクションを見せるからこそ、周りも明るくなる。返ってくる反応もまた、彼が欲する「1つ先の楽しみ」でもあった。

 最後に、今後の目標を聞いた。

 現時点で「1つ先の楽しみ」ってなんですか?

「まずはこの勝利で、チームの目標である残留が見えてきた(降格圏まで残り5試合で12差)ことが、俺の中で楽しみです。来年もJ1でできるかもしれないというのは、めちゃくちゃプラスでポジティブに考えていますし、それが先の楽しみですね。

 それにやっぱり今日の試合後にカタさん(片野坂監督)と握手を交わす時に、『この人のために頑張ろう』と思えちゃうんですよね。いつも試合の時は必死だし、声を嗄らしている姿を見たら、こっちがこんなくだらないことでイライラしているのはおかしいなと思うんです。その時に自分の小ささを感じるし、そこでそう感じることでまた成長できる楽しみが増える。

 残り5試合、前向きにこれまでと同じようにやり続けたい。もちろんスタメンは狙っていきたいですし、個人的な結果はどうあれ、自分のためになるようにやりたいです」

 次節もどうなるか分からない。スタメンかベンチスタートか、それともベンチ外か……。だが、何があっても三平は「1つ先の楽しみ」を見出して、自身の成長に繋げていく。そのひょうきんなキャラクターと共に。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大分トリニータ
三平和司
片野坂知宏

Jリーグの前後のコラム

ページトップ