“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

2019年ドラフト査定!<パ編>
佐々木朗希指名のロッテが最高点。

posted2019/10/19 12:00

 
2019年ドラフト査定!<パ編>佐々木朗希指名のロッテが最高点。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

大船渡高校のチームメイトたちに囲まれる佐々木朗希。井口資仁監督のもと、どんな投手に成長していくのか。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

 佐々木朗希、奥川恭伸らに注目が集まった2019年ドラフト会議。ジャーナリスト・小関順二氏に各球団の評価を採点方式で振り返ってもらった。パ・リーグ編では、今ドラフト最大の目玉の佐々木朗希を引き当てたロッテが高評価なのは当然として、意外な高評価を受けた球団が!?

◇西武 70点

 4球団が競合した佐々木朗希(投手・大船渡高→ロッテ)を1位で入札したあと、抽選で外し、外れ1位で2球団が競合した宮川哲(投手・東芝)の交渉権を抽選で獲得した。

 今年のチーム防御率4.35はパ・リーグ最下位で、12球団の中ではヤクルトの4.78に次ぐワースト2位。さらに35セーブはリーグ5位、91ホールドは12球団中最下位。先発も弱いがリリーフも相当弱いことがわかる。

 1位の宮川、2位の左腕・浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ)、3位の松岡洸希(BCリーグ武蔵)は速いストレートとキレのある変化球を操るリリーフタイプで、球団の抱える事情に合った人選である。競合覚悟で佐々木に向かったことや宮川を外れ1位で指名したことなど、及第点をあげていい内容だ。

 宮川は日刊スポーツ「ドラフト特集号」の中で自身の言葉でストレートの回転数が「いいときは2500~2600くらいです」と語っている。時々テレビ中継で紹介される千賀滉大(ソフトバンク)の回転数が2500弱なのでストレートの伸びに限定すればプロでも上位。即戦力と言っていい。縦変化のスライダー、フォークボール、140キロ台前半のカットボールも威力がある。

「海キャノン」が登場!

◇ソフトバンク65点

 超高校級スラッガーの石川昂弥(内野手・東邦高→中日)を抽選で外し、外れ1位で佐藤直樹(外野手・JR西日本)を指名した。今年の都市対抗にJFE西日本に補強され3番中堅手としてスタメン出場し、14打数6安打3打点、打率.429を記録した。今、指名選手の中では岡野祐一郎(中日3位)とともに大会優秀選手にも選出されている。王貞治取締役会長は「走攻守3拍子揃う」と評していたが、都市対抗を見る限りは「走守」はいいが、バッティングは特徴はあまり見られなかった。

 2位海野隆司(捕手・東海大)は自らのスローイングを「海(かい)キャノン」とアピールするほど強肩に自信を持っている。今年の大学選手権ではイニング間1.79秒というスローイングを見せ、アマチュア最強の肩を実証。バッティングでは大阪商業大戦でヤクルト4位・大西広樹の140キロストレートをライト前に運び、後続の打者の二塁打で勝ち越しのホームを踏んでいる。3位の津森宥紀(投手・東北福祉大)、5位柳町達(外野手・慶応大)も即戦力の魅力に富んでいる。

【次ページ】 石井一久GMの存在が目立った楽天。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

佐々木朗希
宮川哲
小深田大翔
河野竜生
宮城大弥
佐藤直樹

プロ野球の前後のコラム

ページトップ