ラグビーPRESSBACK NUMBER

スコットランド戦の「ありがとう」は
街を、命を守ったスタジアムにも。 

text by

金子達仁

金子達仁Tatsuhito Kaneko

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2019/10/15 20:30

スコットランド戦の「ありがとう」は街を、命を守ったスタジアムにも。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

スコットランド戦のキックオフ前、台風による犠牲者へ黙祷が捧げられた。

「勇気をもらった」者たちの躍動。

 堀江からムーア。ムーアからトゥポウ。そして、トゥポウから稲垣。

 日本が日本でなくなったような、あの夢のようなオフロードパス3連発は、「勇気を与えよう」とした者たちによるものというよりは、むしろ「勇気をもらった」者たちが特別な精神領域に足を踏み入れたがゆえに起きた、とわたしには見えた。

 あんな日本、見たことも聞いたこともなかった。

 '19年10月13日、日本のラグビーは自分たちの歴史を作っただけでなく、世界の秩序をも揺るがした。近現代の歴史上初めて有色人種が白人国家を打ち破った日露戦争や、ウィンストン・チャーチルをして「第二次世界大戦でもっとも衝撃を受けた出来事だった」といわしめた日本海軍航空隊によるマレー沖海戦の勝利に匹敵するのでは、とわたしは思うが、この際、それはどうでもいい。

 大切なのは、日本の選手たちが秩序を揺るがすことができたのは、途方もないほどの時間と、金と、人が、決戦の舞台を守るために動いてきたから、ということである。

 関わってくださったすべての方に。

 ありったけの情熱を込めて──。

 ありがとう。

<ラグビー日本代表 ベスト8進出の軌跡>突破

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 988

<ラグビー日本代表 ベスト8進出の軌跡>
突破

【4連勝 完全詳報】 五郎丸歩が見たジャパン
vs.スコットランド/vs.サモア/vs.アイルランド/vs.ロシア
【主将の激戦譜】 リーチ マイケル
【歴史を創る勇者たち】 福岡堅樹/姫野和樹/松島幸太朗/堀江翔太/田村優/トンプソン ルーク

定価:本体582円+税目次ページへ

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜国際総合競技場
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ