相撲春秋BACK NUMBER

甲本ヒロト×元安美錦関の超対談。
夢を叶え、夢の続きを見て生きよう。

posted2019/09/20 19:00

 
甲本ヒロト×元安美錦関の超対談。夢を叶え、夢の続きを見て生きよう。<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

現役引退されて、安美錦改め安治川親方へ。「安美錦引退安治川襲名披露式」(断髪式)は令和2年10月4日・日曜日、国技館にて開催予定です。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

Tadashi Shirasawa

 かなた、22年半にわたる土俵人生をまっとうした40歳のベテラン力士、安美錦。先の7月名古屋場所を最後に引退を決意し、「安治川親方」として新しい相撲人生の第一歩を踏み出している。
 こなた、安美錦の大ファンだったという「ザ・クロマニヨンズ」の甲本ヒロト。現在は13枚目となるアルバム『PUNCH』(10月9日発売/アリオラジャパン)のリリースと10月下旬から始まる全国ツアーの準備で多忙を極める。
 かつて『Number PLUS 疾風!大相撲』(2017年4月号)にて初顔合わせをしたふたりだったが、引退後に再会。それは互いの熱い思いを語り尽くした“大一番”となった。

――前回、「安美錦関の引退はファンとして納得。理想的だ」とおっしゃっていた甲本さん。アーティストの引退は、どういう形が理想なのでしょう。

甲本「僕は考えたことがない。実際、80歳、90歳になっても現役でいらっしゃる方はいっぱいいますから。年齢ではないと思いますし、役者さんや小説家さん、絵描きさん、いろんな表現者が、その時の自分の体を使って“何かを”やります。それができるのも、『相手がいないから』なんですよ。

 二十代の、全力でぶつかってくる子がいたら90歳の自分はたぶん勝てないと思う。それが、相手のいるスポーツとは違うと思う。バンドの解散はあると思います。でも、引退はないと思っています」

――その点、スポーツ選手は成績としての数字や白黒がはっきりしていて、ケガや故障もあり、引退を選択せざるを得ない職業ですね。

この記事はウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2236文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

相撲の前後の記事

ページトップ