Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<特別対談 後編>
室屋義秀(パイロット)×野村忠宏(柔道家)
「好きなこと、だから続けられる」 

text by

別府響(文藝春秋)

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2019/12/20 11:30

<特別対談 後編>室屋義秀(パイロット)×野村忠宏(柔道家)「好きなこと、だから続けられる」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

「道」を極めるというのは、すごくいい。

野村 だから本当に自分らは幸せものですよね。

室屋 いや、本当にそう思います。好きなことがパッと見つかって、その道だけで生きていられるというのは、本当にラッキーだなと自分も思います。これからの世代の選手や子どもたちにも、ぜひそういう好きなものを見つけてほしいですね。野村さんも今は現役を引退されて、後進の育成にも携わっていらっしゃると思いますが……。

野村 そうですね。柔道というのは競技でもありますけど、「道」という字がつきます。「道」というのは自分が競技を引退したからといって、柔道家としてのチャレンジが終わりというわけではない。これからは自分の経験を伝える。技術もそうだし、これまでの選手生活で見えた心の部分であったり、礼節の部分、感謝の部分、教育的なところも子どもたちには伝えていきたいですね。そして、そういう中に自分も新しい発見があって成長があると思います。常に学び続け、自分自身を高め、磨き続けることが「道」だと思っているので、そういうことを考えながら、色んなことを伝えていきたいです。

室屋 柔道を見ていて思っていたのは、競技として強くなるだけじゃなくて「道」を極めるというのがすごくいいなと。操縦技術もそういうことなのかなと思っています。僕は現役でまだやっていますけど、あまり現役かどうかは関係なく、「道」という部分では、柔道でいう段位がどんどん上がっていく。勝負だけではなく、後進を指導することで学ぶことがたくさんあるんだと思います。スカイスポーツというのは、まだ非常にマイナーなものなのでもっと広めていきたい。特に若い子どもたちに飛行機について知ってもらって、そこから選手たちが出て来てくれれば良いし、とにかく広く知ってもらうという活動をしていくのが、今後の自分にとって使命なのかなと思っています。

今回対談の会場となった「LEXUS MEETS...」は、東京ミッドタウン日比谷にあるブティック、カフェ、車両展示・試乗が一体となった、体験型施設です。LEXUSのあらたなライフスタイルを体感できます。

室屋選手の「挑戦」を応援するLEXUSの特設サイトでは、LEXUS車とコラボしたスペシャルフライトMOVIEや、室屋選手の対談記事を公開中。

関連記事

BACK 1 2 3

ページトップ