“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

佐々木朗希の「160キロ」を見た。
“大谷流”を擁する花巻東にも期待。

posted2019/07/24 07:00

 
佐々木朗希の「160キロ」を見た。“大谷流”を擁する花巻東にも期待。<Number Web> photograph by Kyodo News

延長戦までもつれた盛岡四との4回戦で160キロを記録した佐々木朗希。準々決勝ではベンチからチームを鼓舞し、4強に貢献した。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 岩手県大会4回戦、盛岡四対大船渡の一戦でとんでもないストレートを見た。

 盛岡四は春の岩手県大会準優勝の強豪校、対する大船渡は1回戦負け。それでも大船渡のほうの下馬評が高かったのは“令和の怪物”の異名を取る佐々木朗希(3年)を擁していたからだ。

 8回裏、その佐々木が盛岡四の3番岸田直樹(3年)に投げた3球目(この試合の117球目)、岩手県営球場のスコアボードに「160」が表示された。私がアマチュア野球の現場で実際に160キロのストレートを見たのはこれが初めてで、一緒に観戦していた友人のスポーツライターと興奮しまくった。

 昨年の夏の岩手県大会2回戦、盛岡三戦でも佐々木の凄さを目の当たりにしていた。そのときは102球を投げて、150キロ超えが35球、ストレートの平均球速は147.5キロという迫力だった。盛岡四が春の4強だったためか、序盤から腕を振って150キロ超えを連発。具体的には3回までの150キロ超えが26球あった。

 それに比べると、この盛岡四戦では3回までの150キロ超えが11球と穏やかなスタートだった。

9回に豹変した佐々木のピッチング。

 今年の佐々木は甲子園出場を目標にしている。準々決勝以降の試合も視野に入れ余力を残して試合を終えようという考えがあったのだろう。空前絶後の160キロを計測しても、8回終了時点での150キロ超えは昨年の約半分の18球だった。

 ところが、それが9回裏に豹変した。

 最初の打者を変化球主体でボールカウント2-2に追い込む姿を見て、今年の佐々木は一味違うなと関心したかと思えば、6、7球目に立て続けにボール。四球で歩かせたところから様子が変わってきた。

 次打者の5番バッターに二塁打、続く6番にいずれもストレートを弾き返され同点に追いつかれてしまう。この9回に投げた球数は35球という多さで、このうち150キロを超えるストレートは14球あった。1~8回までの150キロ超えが18球なので、異常とも言える。

【次ページ】 ストレート勝負に挑んだバッテリー。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

佐々木朗希
大船渡高校
花巻東高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ