テニスPRESSBACK NUMBER

引かないナダルが12度目の全仏制覇。
不調の前哨戦で下した重要な決断。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2019/06/11 16:30

引かないナダルが12度目の全仏制覇。不調の前哨戦で下した重要な決断。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

全仏優勝直後、クレーコートに大の字となったナダル。試行錯誤の末の栄冠だったことを象徴した一場面だった。

優勝以上にうれしかった“進化”。

 今やナダルは守備を土台に手堅く戦う選手ではない。攻撃力が上がり、バックハンドの向上で攻守に自在さが増した。だから、多くの戦術から最適な選択肢を選び取ることができる。キング・オブ・クレーを支えるのはこうした変化、日々の小さな進化である。

 クレーコートシーズン序盤の不振を脱しての優勝には感慨もあったようだ。

「優勝トロフィーはもちろんうれしいが、個人的には、こうして(精神的に)ダイナミックに変われたことに、より大きな満足感をおぼえる」

 ティームはこれまでにクレーコートでナダルから4勝を挙げていた。ジョコビッチの7勝に次ぐ勝ち数だ。しかし、全仏ではこれで4連敗となった。キング・オブ・クレーはグランドスラムの舞台ではさらにその強さを増す。

 ナダルは優勝インタビューでティームをねぎらった。

「ドミニクには申し訳ないと思う。なぜなら、彼もここ(優勝インタビューの“お立ち台”に)に立つにふさわしい選手だからだ。将来、この大会で優勝する機会があってほしい。彼は信じられないような厳しさと、信じられないような情熱でテニスに取り組んでいる」

 ナダルは数年前からティームをクレーコートにおける自分の後継者と見なしている。次代のキング・オブ・クレーというわけである。

 25歳の後継者に、ナダルはまたも試練を与えた。厳しいレッスンを施した、と言い換えてもいい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ラファエル・ナダル

テニスの前後のコラム

ページトップ