Beyond The GameBACK NUMBER

寺山修司が書いた競馬と人の間には。
~馬にこそ仮託できる感情がある~

posted2019/05/26 17:00

 
寺山修司が書いた競馬と人の間には。~馬にこそ仮託できる感情がある~<Number Web> photograph by Motohisa Ando

競馬をこよなく愛した寺山には、「さらば、テンポイント」など競走馬がテーマの詩作も数多い。

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

Motohisa Ando

 カルチャー教室事務職のH氏は正統な競馬好きである。すなわち「ささやかに買ってはささやかに嘆く」。過日、酒場で黄金色のマカロニサラダをともにつつきながら「当たりました?」と返答をわかっているのに聞いた。

「だって藤田菜七子。叩き上げの女性騎手の。21歳の。買わなくちゃ」。16着。苦杯のはずのレモン酎はそんなに苦くなかった。

 同じ店のカウンターでたまに杯を交わす放送局社員、M女史は、普段は馬の話をしないのに実によく馬券を獲る。数日前も「あるところまでいくと機械では払い戻せないのですね、配当」と表情を変えずにつぶやいた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 940文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ダービー革命元年。

Sports Graphic Number 978

日本ダービー革命元年。

 

関連記事

寺山修司

競馬の前後の記事

ページトップ