マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

佐々木朗希、だけじゃない東北投手。
仙台大・宇田川優希はまるで“野茂”。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph bySendai University

posted2019/05/22 08:00

佐々木朗希、だけじゃない東北投手。仙台大・宇田川優希はまるで“野茂”。<Number Web> photograph by Sendai University

仙台大・宇田川優希。野茂英雄を想起させるような剛腕が東北の地に現れた。

監督も思わず「打てんわ……」

 音を聞きつけたのだろう。いつの間にか、森本吉謙監督が宇田川優希を受けるキャッチャーの真後ろにしゃがんで、ネット越しに、えらいことになっている球筋にじっと見入っていた。

 50球ほど投げた最後の3つ。

 速球、スライダー、フォークを1球ずつ、右打者の外角低目に投げ直しなしでピシャリ。きっと監督さんに見せつけてやろうと思ったはずの、ベストボール3つをきめて、その日のブルペンを締めくくってみせた。

「打てんわ……」

 ひと言つぶやいて腰を上げた森本監督は笑っていなかった。

 むしろ、怖いものでも見てしまった顔になっていた。

東北福祉大との決戦では負けたが。

 数日後、「決戦」は東北福祉大の連勝で終わった。

 仙台大・宇田川優希は、日曜日の2回戦に先発した。

 東北福祉大打線を2安打無四球に抑えて6三振を奪い、1点に封じて完投したが、仙台大打線も、東北福祉大の左腕・山野太一、サイドハンド・津森宥紀……プロに進むだろう2人に完封されてしまった。

 持てる力をすべて発揮して、なおわずかに力及ばず。

 残念だったろうな……と思いながら、見られなかったその試合で、マウンドから剛球、フォークを投げまくる宇田川優希を思い浮かべていて、アッと思った。

 そうだ、野茂だ、誰かに似てると思ったんだ、野茂だわ……!

 この先の「東北」は忙しそうだ。

 岩手の高校に「佐々木朗希」が現われたと思ったら、今度は、宮城の大学から「野茂英雄」みたいなヤツが現われた。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

仙台大学
宇田川優希
佐々木朗希

プロ野球の前後のコラム

ページトップ