“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

大学時代から「風間イズム」を知る男。
点取り屋・赤崎秀平は名古屋で輝くか。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/05/12 08:00

大学時代から「風間イズム」を知る男。点取り屋・赤崎秀平は名古屋で輝くか。<Number Web> photograph by Takahito Ando

第10節時点、すでにリーグ戦3得点をマークする赤崎秀平。チーム内ではエースのジョーに次ぐ数字だ。

「風間さんが世に誇れる存在に」

「大学生時代にお世話になった人が、Jリーグの第一線の監督というのは他の人ではなかなか経験できないこと。だからこそ余計に僕が試合に出ることが、『教え子だから』と見られてしまうことはまだまだあると思う。

 でも、それを覆すのは自分が出す結果しかない。風間さんは『教え子だから』使うような人間ではありません。でも僕が結果を出さないと、風間さんまでそういう目で見られてしまう。違うんです。風間さんが素晴らしい監督で、素晴らしく、かつ的確な目を持っている監督であることを、外でもない僕が結果で証明しないといけないんです。いちプロサッカー選手として、風間さんが世に誇れる存在になりたいんです」

 心から慕うからこそ、感じる厳しさ。理解する厳しさ。そして感じる大きな愛情。赤崎秀平は7年ぶりに再会した風間監督の下で、不退転の覚悟をベースに進化を遂げる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

名古屋グランパス
赤崎秀平
風間八宏
筑波大学

Jリーグの前後のコラム

ページトップ