SCORE CARDBACK NUMBER

50km転向初戦で日本新樹立。
競歩・鈴木雄介が見せた復活劇。
~東京五輪でのメダルも視界に~

posted2019/05/10 07:30

 
50km転向初戦で日本新樹立。競歩・鈴木雄介が見せた復活劇。~東京五輪でのメダルも視界に~<Number Web> photograph by KYODO

50kmでの世界選手権出場を表明した鈴木。同大会でメダルを獲得した日本人最上位は東京五輪の代表が確定する。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

KYODO

“世界一速く、美しく歩く男”が3年半の苦しみを乗り越えて復活ののろしを上げた。陸上の日本選手権50km競歩(兼世界選手権代表選考会)が4月14日に石川県輪島市で行なわれ、20km競歩の世界記録保持者である鈴木雄介(富士通)が“初挑戦”のこの種目で3時間39分7秒の日本記録を樹立して初優勝。9月下旬にカタール・ドーハで開幕する世界選手権代表に内定した。

「勝てたのは誇らしく、うれしいが、もっと上げていける」

 満足感を見せない鈴木だが、50kmは日本勢が'16年リオデジャネイロ五輪と'17年ロンドン世界選手権で3つのメダルを手にしている種目。日本を制することで表彰台を狙えるポテンシャルを示したのは間違いない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

鈴木雄介
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ