ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

ベイスターズ大型連敗とブルペン。
木塚コーチが語った「誤差」とは。 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/04/27 08:00

ベイスターズ大型連敗とブルペン。木塚コーチが語った「誤差」とは。<Number Web> photograph by Kyodo News

2017年に62試合、18年に70試合登板とフル回転した砂田。

縦スライダーも武器として。

 不振にあえぐ砂田ではあるが、その瞳は澄んでおり輝きを失ってはいない。ボール自体は悪くはない。昨年のフォークに続き、今季は縦のスライダーを武器にするなど、探求心を絶やすことなく投球の幅を広げている。

「セットアッパーやクローザーがすべてではないことを世間に認めてもらいたいし、それが自分にできる最高の仕事。だからこそ小さなミスをなくすことはもちろん、1球の重さ、1アウトの大切さは十分にわかっているので、イチから自分を見直していきたいですね」

 三上をはじめパットン、エスコバー、三嶋ら活躍を期待されていたリリーバー誰もが砂田と同じように自分と向き合い、もがき苦しみながら戦っている。

 当然、諦めている者などいない。シーズンはまだ始まったばかり。いかに微細な“誤差”を埋めていくことができるのか。チームがここから再び優勝へ向け階段を昇っていくためにも、一丸となったブルペン陣の復活と奮闘に期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
横浜DeNAベイスターズ
木塚敦志
砂田毅樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ