なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

W杯開幕を目前に控えたなでしこ。
長谷川唯、岩清水梓たちの勝算。 

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/05/05 08:00

W杯開幕を目前に控えたなでしこ。長谷川唯、岩清水梓たちの勝算。<Number Web> photograph by Getty Images

なでしこジャパンの主力として期待がかかる長谷川唯。初のW杯でどんなプレーを見せてくれるか。

世代別で実績を残した若い力の強み。

 グループDの日本は2位抜けであれば、ノックアウトステージ、グループAのフランスとは別の山になり、決勝まで当たらない。グループFのアメリカが1位突破と仮定した場合、これも同様だ。グループステージでは、先を見据えた戦略が必要になってくるかもしれない。

 2016年4月、高倉麻子監督の就任に伴い、なでしこジャパンは大幅な世代交代を進めた。W杯のような大舞台は初めてという選手が多く、全体の経験値はぐっと下がっている。だが、岩清水はこの懸念を一笑に付した。

「彼女たちはU-17やU-20の世界大会で優勝した経験を持つプレーヤーですよ。育成年代、アジアで負けてその先にいけなかった私たちの世代とは感覚が違います。若いうちから世界のスタンダードを知り、身についているものがある」

 はたして、この強みは吉と出るか。勝負どころにおいては、丹念に熟成されたベレーザラインが重要な武器になりそうだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長谷川唯
岩清水梓
日テレ・ベレーザ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ