なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

なでしこDF熊谷紗希、3度目のW杯へ。
受け継がれるキャプテンマークの重み。 

text by

日々野真理

日々野真理Mari Hibino

PROFILE

photograph byMari Hibino

posted2019/04/24 11:30

なでしこDF熊谷紗希、3度目のW杯へ。受け継がれるキャプテンマークの重み。<Number Web> photograph by Mari Hibino

熊谷はイギリス・BBCの女子年間最優秀選手賞の最終候補5人に選出された。

キャプテンとして挑むW杯。

 熊谷にとってこれまでの世界大会との大きな違いは、キャプテンであるということだ。

 なでしこジャパンの歴代のキャプテンと言えば、この2人の名前が思い浮かぶ。澤穂希と、宮間あやだ。

 澤は絶対的な存在感で、その背中でチームを牽引したカリスマ的リーダー。宮間は、細やかに選手一人ひとりに声をかけ絶妙にケアしながら、チームをひとつにまとめるタイプのキャプテンだった。

 2人がタイプの異なるキャプテンだったように、自分らしくチームをまとめていくつもりだと言う。試合中のみならず、練習中も大きな声を響かせ、チームメイトとのコミュニケーションをとる熊谷の姿を頻繁に目にする。

「改めて、先輩たちはすごい」

「キャプテンだからといって特別なことはありませんが、なでしこジャパンがこれだけ若返ってから、やるべきことがすごく増えたなと感じています。改めて、先輩たちはすごかったな、チームを作ることは本当に簡単じゃないんだなと、実感しています。

 チームメイトと話し合いを続け、考えることもずっと多くなりました。ただ、それはキャプテンだからというわけではありません。鮫ちゃん(鮫島彩)など経験のある選手も一緒に考えてくれているし、すごく協力してくれています。若い選手たちもちゃんとついてきてくれますしね。

 自分で考えるだけではなく、このチームを良くするために、みんなで考えようという雰囲気があり、そういった面では、みんなにすごく助けてもらっています。自分は、声も大きいし、よくしゃべるので(笑)、そういう役回りとしてみんなに声をかけているだけです」

【次ページ】 決勝の舞台はフランス・リヨン。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ