“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

“高校サッカーの元スター”の岐路。
小屋松知哉はサンガの顔となれるか。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/03/30 07:00

“高校サッカーの元スター”の岐路。小屋松知哉はサンガの顔となれるか。<Number Web> photograph by Takahito Ando

左サイドで攻撃の起点となる京都MF小屋松。J2の舞台で輝きを取り戻す。

故郷、京都への想い。

 チームの中心としてチームを勝利に導かないといけない。そうじゃないと自分の価値は昔のままどころか下がる一方だ。

 強烈な危機感と自覚が彼からにじみ出ていた。

「やっぱりJ1の方が選手としての価値が上がるのは間違いありません。サッカー人生の中で自分の価値を上げるためには、それ相応の舞台にいかないとダメなので、それを今年はより強く感じています。

 それに……僕はここ京都で生まれ育ちました。地元だからこそ、僕を応援してくれる方も多いし、サンガというクラブを上にあげたいという気持ちがある。もっと強いサンガを観てもらいたいという気持ちが日に日に強くなっています。

 今年から中田監督になり、新スタジアムも完成します。チームとしてもひとつの分岐点を迎えようとしています。だからこそ、何としてもJ1に上がることで、京都の人たちにサッカーに興味を持ってもらいたい。そうなれば、サンガの価値も上がると思う」

自分の殻をどこまで破れるか。

 自らの決意と故郷への想いを包み隠さず語ると、小屋松は最後にまっすぐに前を見つめてこう口を開いた。

「この1年でどこまで自分の殻を破れるか。このままでは本当にダメだと思うし、『サンガの小屋松』と呼ばれるようにならないといけない。今年はそれを成すべき年にします」

 小屋松知哉という1人のサッカー選手を大きくアップデートする。そして京都サンガの歴史もアップデートする。

「京都サンガの小屋松知哉」として、このゴールをきっかけに、秘めたる想いを一気に加速させていく。

関連記事

BACK 1 2 3 4
京都サンガF.C.
小屋松知哉
中田一三
仙頭啓矢
京都橘高校

Jリーグの前後の記事

ページトップ