F1ピットストップBACK NUMBER

F1開幕戦前日に急逝した審判部長。
ベッテル、ボッタスらが捧げた感謝。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/03/24 10:00

F1開幕戦前日に急逝した審判部長。ベッテル、ボッタスらが捧げた感謝。<Number Web> photograph by Getty Images

開幕戦の地メルボルンでベッテル(右)と話し合うホワイティング。まさかこの翌日に急逝するとは誰も思ってもいなかった……。

「僕たちの不満に耳を傾けた」

 しかし、その機会はもう訪れることはなかった。ドライバーズミーティングで時折、ホワイティングに質問していたダニエル・リカルドはこう明かす。

「僕たちドライバーは時に傷ついたレコードのように、何度も何度も同じような不満を繰り返しチャーリーにぶつけていたように思う。それでもチャーリーは決して僕たちを門前払いするようなことはしなかった。彼はいつも僕たちの不満に耳を傾けてくれ、いつも僕たちの側にいてくれた」

 ホワイティングに哀悼の意を表して行なった黙祷から1時間半後、レースを制したバルテリ・ボッタスはこう言った。

「この勝利はチャーリー、そして、F1のために尽力した彼のすべての功績に捧げたい。彼がこれまで行なってきた偉大なる仕事に、僕たちドライバー全員が感謝している。チャーリー、ありがとう!!」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

セバスチャン・ベッテル
チャーリー・ホワイティング

F1の前後のコラム

ページトップ