F1ピットストップBACK NUMBER

ホンダのF1技術、ついに開花す!
今季開幕戦で11年ぶりの表彰台。

posted2019/03/18 11:30

 
ホンダのF1技術、ついに開花す!今季開幕戦で11年ぶりの表彰台。<Number Web> photograph by Kyodo News

今季開幕戦、オーストラリア・グランプリのレース終了直後、レッドブル・ホンダのスタッフに迎えられるマックス・フェルスタッペン。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 レースデーの日曜日のメルボルン、アルバートパーク・サーキットに、本田技研工業の八郷隆弘社長が、倉石誠司副社長、本田技術研究所の次期社長となる三部敏宏副社長とともに、激励に駆けつけた。

 レース前に「順調か?」と、八郷社長に質問された田辺豊治F1テクニカルディレクターは「順調です」と答えると、レースに向けて「よろしく」と、八郷社長から励ましの言葉をもらった。

 レッドブルという強豪チームと組んだホンダには、今年多くの期待がかかっていた。レッドブルは2010年から4連覇を果たした実績があり、昨年も4勝を挙げている。そのレッドブルと組んで迎えた開幕戦で、レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンが予選でいきなりホンダのF1復帰後、最高位となる予選4位を獲得した。

 フェルスタッペンは昨年、21戦中11回表彰台に上がったトップドライバー。2列目からスタートなら、3位を十分狙えると考えるのは当然だ。

 だがホンダにとっては、それはプレッシャーでもあった。なぜなら、復帰後、ホンダは表彰台を獲得したことはなかったからだ。

 ホンダが表彰台に上がったのは、雨が降って混乱する中、見事なタイヤ戦略でルーベンス・バリチェロが3位に食い込んだ2008年のイギリスGPが最後。もう……11年も前のことだ。不安になるのも当然だった。

フェラーリの背中が見えた……。

 そんなホンダの不安をよそに、予選4位からスタートしたフェルスタッペンは、序盤から表彰台が狙えるポジションでレースを進める。

 チャンスが訪れたのは、ピットストップの直後だった。

 目の前にペースが上がらずに苦しむフェラーリのセバスチャン・ベッテルが迫ってきた。

【次ページ】 「レースは何が起きるかわからない」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レッドブル・ホンダ
マックス・フェルスタッペン
田辺豊治
八郷隆弘
倉石誠司
三部敏宏

F1の前後のコラム

ページトップ