欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

リバプールCL制覇へ必須の大黒柱。
ファンダイクという「究極のCB」。 

text by

寺沢薫

寺沢薫Kaoru Terasawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/03/14 12:30

リバプールCL制覇へ必須の大黒柱。ファンダイクという「究極のCB」。<Number Web> photograph by Getty Images

攻撃の起点、セットプレーでのターゲット、対人能力と統率力。ファンダイクは今見ておくべきセンターバックだ。

サラー、ゲーゲンプレスだけでない。

 実際、今のリバプールでは、キャプテンはジョーダン・ヘンダーソン、副キャプテンはミルナーという国産組のMFである。

 彼らは献身的なプレーや誠実な言動で周囲の信頼を集めているが、第3キャプテンであるファンダイクが“裏リーダー”として守備陣を引っ張っているからこそ、接戦をモノにする勝負強さが生まれている部分は間違いなくある。

 サラー、マネ、ロベルト・フィルミーノの強烈な3トップや、敵陣でのゲーゲンプレッシングが注目されがちなリバプールだが、現在のチームを縁の下の力持ちとして支えるファンダイクこそ、隠れた躍進のキーマンだ。この男が健在である限り、どこが相手でも簡単に負けることはないだろう。

 2年連続のCL決勝進出、そして14シーズンぶりの欧州制覇に向けて、リバプールの視界は良好と言っていい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リバプール
ユルゲン・クロップ
フィルジル・ファンダイク

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ