Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<CLOSE UP>DeNA濱口遥大「あの広島戦が生きていた」~日本シリーズ激闘の果て~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2017/11/15 07:00

<CLOSE UP>DeNA濱口遥大「あの広島戦が生きていた」~日本シリーズ激闘の果て~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

【'17.11.01 DeNA6-0ソフトバンク】

 スタンドからスタンディングオベーションが降り注ぐ。119球。最後は8回2死二塁から柳田悠岐外野手の一塁へのゴロのベースカバーが遅れて内野安打になったところでマウンドを降りた。それでもDeNAの先発左腕・濱口遥大には、横浜スタジアムをベイブルーに染めたファンの声援と拍手が湧きあがった。

 8回だ。濱口はこの試合、25人目の打者となる7番・川島慶三をあっさり追い込むと、最後は126kmのフォークで空振り三振に仕留めた。これで1死。するとソフトバンクベンチは8番の髙谷裕亮に代えてベテランの鶴岡慎也を代打に送った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1581文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

横浜DeNAベイスターズ
濱口遥大

プロ野球の前後の記事

ページトップ