Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<2017注目打者ギャラリー 関西編>
履正社・安田尚憲「人を魅了するホームランを打つ」 

photograph byHiroshi Nakamura

posted2017/03/17 16:30

<2017注目打者ギャラリー 関西編>履正社・安田尚憲「人を魅了するホームランを打つ」<Number Web> photograph by Hiroshi Nakamura

先輩の山田哲人(ヤクルト)は、プロを意識した高2から野球への取り組み方が大きく変わったという。安田も「上のことを考えてプレーしたい」と意識を高めている。

 ドラフト上位候補のスラッガーは西にもいる。安田尚憲(ひさのり)は早稲田実・清宮幸太郎と比較されるほどの注目を集める。高校通算45本。父は大阪薫英女学院の陸上部監督、母は高校時代にやり投げで近畿を制した。兄はPL学園で前田健太(現ドジャース)とバッテリーを組んだ経験があるという魅惑の“サラブレッド”だ。188cm、92kgの恵まれた体格は一際、グラウンドで映える。

 社会科教諭の父の影響で歴史は得意分野。高校に進学してから野球に打ち込んでいる分、時間は減ったが、読書は自分の気持ちを奮い立たせてくれる。歴史上の人物で憧れるのは、戦国武将の真田幸村。1614年の大坂冬の陣において、大坂城の一角に砦である「真田丸」を造った。劣勢の中、徳川家康軍を相手に果敢に攻め込んだ。翌年の大坂夏の陣では、家康軍を追いつめたが、最後は討ち死にした。

「自分の死を覚悟していても、最後まで自分の仕事をやりとげた。信念を曲げなかったことがすごいなと思います」

 読破した本は多岐に渡る。影響を受けた1つに巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜さんの著書『不動心』がある。物心がついた時、もうメジャーでアーチを描いていた。同じ右投左打の長距離ヒッターである。

「本塁打で人を魅了できるし、人間性もすごい。記憶にも記録にも残る選手で、僕にとって最大の目標。“超えるんだ”という思いでやっています」

 真田幸村と松井秀喜。2人に共通しているもの。それは信念を貫く力。安田がもう1つ上のステージに行くために必要なものだった。昨夏の甲子園3回戦の常総学院(茨城)戦後の控え室。敗戦の責任を背負った安田は泣いていた。

 4番を任されたが、チャンスで何度も倒れた。チームは13安打を放つも試合は4-7で敗戦。安田は4打数無安打だった。初回の第1打席。常総学院の好左腕・鈴木昭汰のツーシームで内角をえぐられた。手を出すべき球ではなかったボール球だ。詰まらされ、一ゴロに倒れた。歯車はそこで狂った。内角を意識させられた分、外角球の対応ができなくなっていた。次の打席以降も相手バッテリーの術中にはまった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

安田尚憲
履正社高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ