Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<MLB最前線>
受け継がれる“スラッガー”の系譜。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/09/15 06:00

<MLB最前線>受け継がれる“スラッガー”の系譜。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

カルロス・コレア(Carlos Correa)1994年9月22日、プエルトリコ生まれ。'12年ドラフトで全体1位指名を受けてアストロズ入団。今年6月にメジャーデビューすると打率.287、5本塁打、15打点、4盗塁でいきなり月間最優秀新人賞を受賞した。193cm、95kg。

「投手上位の時代」といわれて久しいメジャーだが、その一番の魅力が豪快なホームランであることは、時代の変遷や選手の世代交代があっても不変である。今季台頭する若手スラッガーを、一挙に紹介しよう。

「有望な若手が同時期にこれほど大勢出てきたのは記憶にない」と、球界関係者、監督、コーチ、この道数十年のベテラン記者まで誰もが異口同音にいった。大変革時代のメジャーはルールやシステムの変更と同時に、過去に例をみないほどの世代交代の大きなうねりの中にある。実際、今年のオールスターゲームには25歳以下の選手が、初選出の12名を含めて史上最多の20名も出場した。そして、23歳のマイク・トラウト(エンゼルス)が史上初の2年連続のMVPに輝いた。昨年は世紀をまたいで球界の顔であり続けたデレク・ジーターの役回りを引き継ぐ受賞であり、今年は新時代が確実にやってきたことを強く印象付ける受賞となった。

 その新時代とは、単なる若返りだけではなく、トラウトやブライス・ハーパー(ナショナルズ)のような、'10年代に入る前から続いてきた投手上位時代を粉砕し得る、早熟型スラッガーが続々と出現する時代でもある――。


 数多いる若手スラッガーの中でも強烈なインパクトを与えているのは'12年のドラフト全体1位、プエルトリコ出身のカルロス・コレア(アストロズ)だろう。「ジーターに憧れて遊撃手になった」という20歳。8月25日現在、メジャーで最年少の野手である。デビューは開幕から約2カ月遅れの6月8日だが、最初の50試合で遊撃手として史上最速の13本塁打を記録するなど、センセーショナルな活躍を続ける。それもただ大きい打球を放つだけではない、時代にフィットした5ツールプレーヤーである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3140文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<阪神タイガース八十周年特集>猛虎、神撃。
カルロス・コレア
クリス・ブライアント
ジョク・ピーダーソン
カイル・シュワバー
マット・ダフィー
ケーシー・マギー

MLBの前後の記事

ページトップ