スポーツ仕事人BACK NUMBER

米司隆明(運動会のプロデューサー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph bySatoshi Ashibe

posted2017/08/06 16:00

米司隆明(運動会のプロデューサー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by Satoshi Ashibe

米司隆明さん。

【運動会のプロデューサー】
社会問題の多くはスポーツで解決できるのではないか。そんな発想から、日本文化に根付く運動会に着目した。創業年は0だった受注件数が10年経った今や年間200件超。世界展開も見据える運動会の有効性、その運営法とは。

 老若男女を問わず参加できる、日本発祥のスポーツイベント―それが運動会である。玉入れや大玉転がしといった定番種目の多くは、年齢や体力差を超えて誰もが対等の立場で競い合えるものだ。二人三脚やムカデ競走といった協調性が問われる種目も人気がある。

「かつての日本企業は横並びの年功序列が一般的でしたが、成果主義に舵を切る企業が'90年代後半から増えてきた。ですが、そういった企業ほど離職率が高くて、特にIT系や金融系はその傾向が顕著です。その理由のひとつに社員同士のコミュニケーション不足が挙げられますが、じつは運動会で問題は解決できるんです!」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1500文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

不屈の虎。

Sports Graphic Number 932

不屈の虎。

 

米司隆明

他競技の前後の記事

ページトップ