スポーツ仕事人BACK NUMBER

遠藤謙(義足エンジニア)
~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byphotographs by Satoshi Ashibe

posted2016/12/28 16:30

遠藤謙(義足エンジニア)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Satoshi Ashibe

遠藤謙さん。

●義足エンジニア 幅広い目的で義足の研究・開発を専門に行うエンジニア。パラリンピックなどに向けた障害者の競技用義足だけでなく、高齢者向けのアシスティブデバイスなどの開発にも力を入れる。現在は、健常者の記録を超える義足を生み出すことが目標。

 リオ五輪における男子走り幅跳びの優勝記録は8m38cm。一方、リオパラ五輪の男子走り幅跳び(T44クラス)でパラ五輪連覇を達成したマルクス・レーム(ドイツ)が持つパラ世界記録は8m40cmだ。右膝下にカーボン素材の義足を装着したレームが健常者の選手に混じってリオ五輪に出場していたら、金メダルは彼の首にあったかもしれない。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

遠藤謙
マルクス・レーム
佐藤圭太
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ