スポーツ仕事人BACK NUMBER

坂口裕昭(独立リーグ球団代表)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byphotographs by Satoshi Ashibe

posted2014/06/03 06:00

坂口裕昭(独立リーグ球団代表)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Satoshi Ashibe

坂口裕昭さん。

 地方の独立リーグの球団運営は火の車だ。東大卒・元弁護士の代表は、四国の地でどんな夢を描くのか。

 職業に貴賤なしとはいうものの、“士業”の社会的地位は高い。なかでも弁護士は折り紙つきの職業だ。明日をも知れぬフリーライターなんぞ足下にも及ばない。

 だが、世の中には変わり者も少なくない。

「楽しそうだから」という理由だけで、せっかく手に入れた社会的地位をあっさり投げ打つ人がいる。この坂口裕昭さんもそのひとりだ。東京大学法学部を卒業後、大手法律事務所に所属する腕利き弁護士として活躍していながら、3年前に野球の独立リーグ、四国アイランドリーグplus(四国IL)の徳島インディゴソックス球団代表へ転身した。そもそもなぜ弁護士に?

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1334文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<没後20年総力特集>アイルトン・セナの天才性について。

プロ野球の前後の記事

ページトップ