SCORE CARDBACK NUMBER

キックボクシングブーム再来!? 実力者たちの激闘に沸いた夏。~ブシロードの参入は大衆層の心を動かす転換点となるか~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2018/09/11 07:00

キックボクシングブーム再来!? 実力者たちの激闘に沸いた夏。~ブシロードの参入は大衆層の心を動かす転換点となるか~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

『KING OF KNOCK OUT 初代スーパーライト級王座トーナメント』決勝で接戦を演じた不可思(左)と秀樹。

 クライマックスは4Rに訪れた。秀樹が左をクリーンヒットさせると、不可思の身体がグラッと揺れる。勝負あったかに思えたが、その直後不可思はパンチの連打で逆にダウンを奪う。不可思vs.秀樹による『KING OF KNOCK OUT 初代スーパーライト級王座トーナメント』決勝戦(8月19日・東京)は期待に違わぬ激闘になった。

“キックの鬼”沢村忠を軸に一大ブームを巻き起こしてから半世紀、キックボクシングが活況を取り戻しつつある。K-1との違いは3分5Rへのこだわりと、ヒジ打ちや攻撃を伴った首相撲からの攻撃を認めている点だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

不可思
秀樹

格闘技の前後のコラム

ページトップ