SCORE CARDBACK NUMBER

トラックシーズンがいよいよ開幕。桐生祥秀が狙う2つのターゲット。~ため息すら「期待」と読み替えて~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTsutomu Kishimoto

posted2018/06/06 15:00

トラックシーズンがいよいよ開幕。桐生祥秀が狙う2つのターゲット。~ため息すら「期待」と読み替えて~<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto

リレーでは多田修平、藤光謙司らの日本代表Bも38秒64で2位に入賞。東京五輪に向けて激しい代表争いが続く。

 日本に9秒台ランナーがいる幸福を肌で実感するトラックシーズンの始まりである。陸上男子100mで9秒98の日本記録を持つ桐生祥秀(日本生命)が5月の3大会に出場し、熱視線を浴びた。

 今季初戦だった5月3日の静岡国際では200mに出場。風邪の影響で終盤に失速して21秒13の5位に終わったが、スタンドからは一瞬のため息の後に盛大な拍手が送られた。これには桐生も感謝の笑顔だ。

「社会人デビュー戦だったので、良い感じで走りたかったんですけどね。でも、フィニッシュのときのため息は注目してもらっている証拠ですし、拍手はうれしかったです」

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

桐生祥秀
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ