SCORE CARDBACK NUMBER

大谷翔平が3三振して笑った、バーランダーの「品のある球」。~サイ・ヤング賞投手も大谷を特別視~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2018/06/03 16:00

大谷翔平が3三振して笑った、バーランダーの「品のある球」。~サイ・ヤング賞投手も大谷を特別視~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

バーランダーは最多勝2回、最優秀防御率1回、最多奪三振4回を獲得。昨季途中に加入し、WS制覇に貢献した。

 格の違いを目の当たりにできたことが、むしろ嬉しそうだった。エンゼルス大谷翔平が5月16日、アストロズの剛腕ジャスティン・バーランダーと初めて対戦し、4打数無安打3三振と完璧に封じ込まれた。それでも、試合後の大谷は、にこやかな笑みを浮かべながら、4打席、全21球の対決を振り返った。

「やっぱりすばらしい投手だなと、1試合通してそう感じましたし、トータルしてすごく完成されている投手だと感じました」

 4打席とも、わずか2球で2ストライクに追い込まれた。第1打席は、内角ヒザ元から鋭く食い込むスライダーに、大谷のバットは空を切った。第2打席は外角のチェンジアップに力ない二塁ゴロ。第3、第4打席は、いずれも外角高めの速球につられて、空振り三振を喫した。緩急、高低左右を自在に操る、メジャー最高峰の投球を、打席で体感した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

大谷翔平
ジャスティン・バーランダー
ロサンゼルス・エンゼルス
ヒューストン・アストロズ

MLBの前後のコラム

ページトップ