SCORE CARDBACK NUMBER

弱小球団だったアストロズが、4年で“世界一”に輝くまで。~データ全盛の中、現場の情熱も尊重した姿勢~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/12/05 16:00

弱小球団だったアストロズが、4年で“世界一”に輝くまで。~データ全盛の中、現場の情熱も尊重した姿勢~<Number Web> photograph by KYODO

ワールドシリーズ5本塁打でMVPのスプリンガーは「4試合連続本塁打」「8長打」「29塁打」の新記録を樹立した。

 2017年のメジャーリーグは、アストロズが球団創設56年目で初の世界一に到達し、幕を下ろした。メジャー最高打率を残した強力打線を看板にする一方、ダラス・カイケル、シーズン途中に補強したジャスティン・バーランダーの先発2本柱を中心に、ワールドシリーズ第7戦でドジャースを退けて頂点に立った。テクノロジーの進化に伴うデータの有効利用だけでなく、多岐にわたるチーム力の底上げが結実した結果だった。


 '05年、初めてワールドシリーズに進出しながら、ホワイトソックスに4連敗を喫したアストロズに待っていたのは、長い低迷期だった。'11年からは3年連続で年間100敗以上を喫し、弱小球団のレッテルが定着した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 578文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

動乱の時代のフットボール。~ロシアW杯出場32カ国最新格付~
ヒューストン・アストロズ
ワールドシリーズ

MLBの前後の記事

ページトップ