SCORE CARDBACK NUMBER

ポルジンギスの勢いが止まらない。ニックスを背負うエースの自覚。~221cmで3ポイントも放つオールラウンダー~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/11/28 07:00

ポルジンギスの勢いが止まらない。ニックスを背負うエースの自覚。~221cmで3ポイントも放つオールラウンダー~<Number Web> photograph by Getty Images

大黒柱のポルジンギスがこのまま好調を維持できれば、ニックスがプレーオフ進出を果たす可能性は非常に高い。

 クリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス/ラトビア出身)に「ユニコーン」のあだ名がつけられたのは約2年前、ルーキー・シーズン半ばのことだった。長身ながら攻守に器用なスキルを持つ彼に対して、ケビン・デュラント(現ゴールデンステイト・ウォリアーズ)が「まれな存在。NBAのユニコーンだ」と伝説の動物に喩えて称賛し、それが愛称として定着した。

 NBAでも一世代前までは、長身ならゴール下で戦えることが最低条件で、そのために必要なパワーがないビッグマンはソフトだと批判された。デュラント自身も、若い頃にはそうやって批判されたからこそ、自分と同じ路線のポルジンギスに早くから注目し、期待していたのだ。しかも、ポルジンギスはデュラントより15cmも高い221cm、大男が集うNBAでも一、二を争う長身なのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 546文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

動乱の時代のフットボール。~ロシアW杯出場32カ国最新格付~
クリスタプス・ポルジンギス
ニューヨーク・ニックス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ