SCORE CARDBACK NUMBER

“先発失格”だったマエケン。復活のカギは新球にあった。~カットボールと、初回の乗り切り方~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2017/08/03 08:00

“先発失格”だったマエケン。復活のカギは新球にあった。~カットボールと、初回の乗り切り方~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

昨季までは決め球であるスライダーを柱に、フォーシーム、ツーシーム、カーブ、チェンジアップを投じていた。

 ドジャース前田健太にとって、試練となる後半戦がスタートした。デビューイヤーで16勝をマークし、迎えた2年目の今季。春季キャンプの時点では、「先発3本柱」の一角としての立場は安泰かと思われていた。ところが、開幕後は不安定な投球が続いた。5月終了時で4勝2敗と、白星こそ先行したものの、防御率は5.21。先発投手に期待されるクオリティスタート(6回以上、自責点3以内)はわずか2試合だけだった。その結果、6月には中継ぎに配置転換された時期もあった。その後の先発機会に好投したことで、後半戦は先発スタートとなったものの、その立場が確約されたわけではない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 606文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

不屈の虎。

Sports Graphic Number 932

不屈の虎。

 

ロサンゼルス・ドジャース
前田健太

MLBの前後の記事

ページトップ