SCORE CARDBACK NUMBER

時津風部屋伝統の名を継承し、幕内での躍進を期す「豊山」。~四股名を継ぐ、ということの期待感~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/05/22 10:00

時津風部屋伝統の名を継承し、幕内での躍進を期す「豊山」。~四股名を継ぐ、ということの期待感~<Number Web> photograph by KYODO

3月場所は西十両4枚目で9勝を挙げ、悲願の入幕を遂げた豊山。5月場所は得意の突き押しで旋風を起こせるか。

 遠藤、宇良、石浦など、本名のまま土俵に上がる関取も多い、昨今の相撲界。この5月場所、新入幕として土俵に上がっている小柳(おやなぎ)が「豊山(ゆたかやま)」と改名した。時津風部屋で受け継がれてきた四股名で、初代豊山は元大関で協会理事長も務め、二代目は元小結の先代湊親方だ。当代豊山ももちろん、いずれも新潟県生まれで東農大相撲部出身である。

 小柳改め三代目豊山は、「ありがたい。(先々代は)自分なりの新しい豊山像を作っていけばいい、とも言ってくださいました」と顔を引き締める。

 さて、185cm183kgの体躯を誇る豊山の今後の課題は、いかに。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

時津風部屋
豊山
小柳
朝乃山

相撲の前後のコラム

ページトップ