SCORE CARDBACK NUMBER

初のメジャー昇格を目指す、中後悠平の新たなスタート。~失うものがない、という立場の強さ~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2017/03/22 07:00

初のメジャー昇格を目指す、中後悠平の新たなスタート。~失うものがない、という立場の強さ~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

中後はオープン戦3試合で3回を投げ、1安打2四球3奪三振1失点、防御率3.00だった。

「Nothing to lose」。米国でしばしば使われるフレーズで、文字通り、「失うものはない」という意味である。

 今年の春季キャンプに招待され、初のメジャー昇格を目指すダイヤモンドバックス中後悠平投手が、今季、新たなスタートを切った。キャンプ開始後のフリー打撃で好投したのをはじめ、「初メジャー」となった2月25日のロッキーズ戦では、わずか8球で1回無安打無失点と好投。その一方で「オープン戦とはいえ、緊張した。ここから始まるんだなと……。プレッシャーに打ち勝っていくしかない。ケガをしたら終わり。調子を落とすわけにはいかない」と、並々ならぬ覚悟を口にした。妻子を日本に残す27歳の言葉は、紛れもない、本音だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

怪物たちのセンバツ。

Sports Graphic Number 923

怪物たちのセンバツ。

 

ダイヤモンドバックス
中後悠平

MLBの前後の記事

ページトップ